イモリの生態

イモリの生態

生息地

北アメリカ大陸、地中海沿岸のアフリカ大陸、東アジア、ヨーロッパ

特徴

森林、川、沼地などに生息する。

食性は動物性。

卵生で主に水中で水草や石の下に産卵する。

自己防衛のために皮膚に毒を持つものが多く、日本でよく見かけるアカハライモリやアメリカのカルフォルニアイモリはフグと同じテトロドトキシンを持つ。

また、ファイアサラマンダーは全ての脊椎動物に有効な神経毒を持っている。

食べ物、餌

昆虫、小型爬虫類、小型哺乳類、植物

備考

最大種はイベリアトゲイモリで全長30cm。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする