コウモリガの生態

コウモリガ

生息地

北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島;シベリア,中国

体長

45-110mm

特徴

昆虫綱鱗翅(りんし)目コウモリガ科の総称、またはそのなかの1種。夕暮れ時に活発に飛ぶようすがコウモリを連想させるところから名づけられました。この科は小さなグループで、日本には8種が知られています。前後翅の形がほぼ等しく、翅脈数も同じであるので、鱗翅目のなかでもっとも原始的な科の一つとされています。幼虫は、大形種では樹木の幹や枝にトンネルを掘って侵入し、小形種では草の茎の中に侵入します。成虫は夜間灯火に飛来することもありますが、夕暮れ時に飛び、交尾、産卵をします。
日本の代表的な種の一つであるコウモリガは、はねの開張45~110ミリメートル、前翅は赤褐色、不規則な帯状の紋があり、ところどころに黒点または黒斑(こくはん)があります。北海道から屋久(やく)島までと、中国やシベリア東部に分布します。夏の終わりごろに出現します。幼虫は果樹、林木、庭木など、多数の木に穴をあけて侵入、食害する害虫で、老熟までに2~3年かかり、穿入孔(せんにゅうこう)に繭をつくって坑道内で蛹化(ようか)します。多発すると被害が大きいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする