タカラダニの生態

タカラダニ

特徴

幼虫は昆虫などに寄生するので幼虫のほうがよく知られていて、その体色が朱色で美しく昆虫が宝物を身につけているようにみえるのでタカラダニという名がつきました。幼虫の体長は0.3~0.5ミリメートル、卵円形でつやのある美しい橙赤(とうせき)色。胴の毛は比較的長く、成虫の場合のように密生することはありません。口器はよく発達し、前方に突出します。アブラムシにつくアリマキタカラダニ、セミにつくセミタカラダニ、イナゴにつくヤマトタカラダニ、ザトウムシにつくスジタカラダニなど、少なくとも日本に20種は生息しています。成虫は体長1~2ミリメートル、褐色、暗赤色、鮮紅色などで体や脚(あし)に短毛を密生します。脚は長い。幼虫と異なって寄生性はなく、地表で自由生活をし、小さな虫などを捕食します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする