ウンカの生態

ウンカ

特徴

イネの害虫となる体長5mmほどの昆虫を指す

良く跳びはね、また良く飛ぶ虫です。しかし翅多型をあらわし、定着時には羽根の短いいわゆる短翅型がでます。これは繁殖力が強く、その周辺一帯で大発生を起こすため、水田には丸く穴が空いたように枯れた区画を生じます。これを俗に「坪がれ」と呼びます。また、アブラムシ同様に排泄物がすす病を引き起こすことが多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする