テントウムシ(天道虫)の生態

テントウムシ

体長

数mm – 1cm

特徴

成虫は半球形の体型で、脚や触角は短い。体は黒・赤・橙・黄・褐色など鮮やかな色で彩られ、体の模様も種類間で変異に富んでいます。日本では赤や黄の地色に黒い水玉模様、あるいは黄に白の水玉模様のものが多く、その多くはそれらの斑点の数で命名されています。

幼虫・成虫とも強い物理刺激を受けると偽死(死んだふり)をし、さらに関節部から体液(黄色の液体)を分泌します。この液体には強い異臭と苦味があり、外敵を撃退します。体色の鮮やかさは異臭とまずさを警告する警戒色といえます。このため鳥などはテントウムシをあまり捕食しませんが、それでも寄生バチや寄生バエ、菌類などの天敵が存在します。ニジュウヤホシテントウの幼虫はカマキリに捕食されることもあります。

食性は種類によって大きく異なり、アブラムシやカイガラムシなどを食べる肉食性の種類、うどんこ病菌などを食べる菌食性の種類、ナス科植物などを食べる草食性の種類の3つに分けることができます。このため農作物にとっては益虫と害虫に大きく分かれることとなります。肉食性の種は近年では農作物の無農薬化を行う際、農薬代わりに使用される生物農薬の一つとして活用されています。

生態

甲虫の仲間なので、卵 – 幼虫 – 蛹 – 成虫という完全変態をおこないます。

成虫は交尾のあとに、食物の近くに数十個ほど固めて産卵を行います。孵化した幼虫は翅がなく、腹部が後方へ伸びています。さらに体には突起やとげをもち、成虫とは似つかない体型をしています。

甲虫類の中には幼虫と成虫で食性がちがうものもいますが、テントウムシ類は幼虫も成虫も同じ食物をとることが多くいます。なお、肉食性の種類の場合、餌が尽きると他の幼虫や蛹を共食いすることもあります。

充分に成長した終齢幼虫は植物の葉の裏などで蛹になります。蛹は楕円形で、翅こそ短いものの成虫の形に近い。腹部の先で壁面にくっつき、落下しないようになっています。蛹から羽化したばかりの成虫の翅は黄色ですが、翅が固まるにつれ、特徴的な模様が現れます。

成虫は春から秋までよく見られます。トホシテントウなどは幼虫で越冬しますが、多くのテントウムシは成虫で越冬します。越冬の際は石や倒木などの物かげで、数匹 – 数十匹の集団を作ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする