トビムシの生態

トビムシ

特徴

様々な形のものがあり、例外は多いですが、一般には一対の長い触角を持ち、体は細長く、胸部3節には各1対、計3対の足があります。これらの点は、昆虫の標準的な構造です。特殊な点としては、通常の昆虫では腹部に11の体節があるのに対して、トビムシでは6節のみしかありません。また腹部下面にはこの目の旧名の元になった腹管(粘管)という管状の器官があります。これは体内の浸透圧を調整する機能を持つといわれています。また、腹部第4節には2又になった棒状の器官があります。この器官は叉状器(または跳躍器)と呼ばれ、普段は腹部下面に寄せられ、腹面にある保持器によって引っかけられています。捕食者などに遭遇した際にはこの叉状器が筋肉の収縮により後方へと勢いよく振り出され、大きく跳躍して逃げることができます。

世界で3,000種以上が記載されており、日本国内では14科103属約360種が報告されています。分類は形態的特長によって行われています。

さまざまな姿のものがありますが、代表的なものは、次のような形のものです。

ツチトビムシ科
温帯林の有機物堆積層において最も一般的なグループで、種数も多い。又状器の長さや体色などは種によりさまざまです。

トゲトビムシ科やアヤトビムシ科は体長と同じくらいの触角と又状器を持ち、活発に跳ね回ります。地上表層性または樹上性のものが多い。

シロトビムシ科
眼が退化しており、しばしば色素および又状器も欠けており、土壌中での生活に適応しています。体表に多数の擬小眼(防御物質の分泌腺)を備えています。

ムラサキトビムシ科
太めの体に短い触角と足および又状器をもちます。体色は紫ないし褐色。高い集合性を持ちます。キノコを食害することがあります。

イボトビムシ科
楕円形で偏平な体形を示し、触角や足は短く、体表面にイボ状の突起をこうむります。派手な色調を持ったものも多い。

マルトビムシ科
丸っこい頭と膨らんだ腹部をやや幅の狭い胸部でつないだ形で、触角、足、又状器は長め。体節が違いに融合しています。

生態

変態せず、脱皮を繰り返して成長します。成熟後も脱皮を繰り返します。多くの場合、年多化であり温帯では年間3-6世代が経過します。一部に夏季の乾燥を避けるために夏眠をする種もいて、これは年一化性の種です。

基本的には交接は行わず、雄は土の表面に精包を置き、雌がそれを拾い上げることで受精が行われます。ただしマルトビムシの一部ではオスが触角をつかってメスの触角をつかみ、後脚を使って直接精包を受け渡すものもあります。また、交尾を経ないで繁殖する単為生殖を行う種が知られていて、深層性の生活を行うものに多くみられます。

生息地の環境

乾燥に弱く、水湿地や土壌などに生息します。特に土壌中に生息するものが多く、土壌中の個体数はササラダニと並んで節足動物では最も数が多いといわれています。たまに畑地などに大発生し、辺り一面を埋め尽くして人を驚かす種があります。ほかに、海岸・洞穴・アリの巣に住むものもあります。

北アメリカにはある種のシロアリの兵アリの頭の上に住み、兵アリが働きアリから餌をもらう時、わきから食べるトビムシが知られています。

食性は多くの種が雑食で、落ち葉や腐植を中心に食べるものが多く、真菌の菌糸や胞子・バクテリア・藻類・花粉・線虫なども摂食することが報告されています。

ある種のトビムシは、雪解けの時期に大発生をするものがあり、ユキノミと呼ばれます。場合によっては数メートルにわたって雪の表面が真っ黒になり、窪みにたまったトビムシはスプーンですくえるほどになります。

生態系におけるトビムシの役割

トビムシ目は森林林床などの堆積腐植層において、有機物の分解過程の重要な構成要素となっています。土壌分解系において有機物を摂食しますが、実際には、一緒に摂食している微生物(主に真菌)を経由して主要なエネルギーを得ている二次分解者にあたります。排泄された糞粒を培地にして再び微生物が繁殖するため、微生物はトビムシ(やササラダニ)により摂食されても容易に現存量は減少せず、むしろトビムシにより土壌分解系の回転が促進されます。このプロセスを通じて植物遺体の砕片化と無機化が進行します。トビムシを摂食する動物は多く食物連鎖のボトムとしても重要な役割を担っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする