チャタテムシの生態

チャタテムシ

特徴

無翅のチャタテムシ

コチャタテ科、コナチャタテ科などの昆虫などで無翅です。体長は1 – 2ミリメートル程度、形状がシロアリなどに似て、頭部が相対的に大きいです。コナチャタテ科のものでは雄と雌で体長にかなりの差があります。書物、乾燥食品、動植物標本、皮革製品などを食害する害虫として知られ、しばしば大発生してかなりの被害をもたらすこともあります。

有翅のチャタテムシ

チャタテムシ科、ホシチャタテ科などで有翅です。体長は3 – 7ミリメートルほどで、前翅のほうが大きいです。カビや地衣類などを食べます。ウンカショウジョウバエと間違えられることもありますが、本体の形状がそれらとは著しく異なるため、区別できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする