コクゾウムシの生態

コクゾウムシ

体長

2.1–3.5mm

特徴

世界各地に生息するイネ科穀物の有名な害虫で、和名もそれを表したものです。また、日本では縄文時代後期の土器圧痕からの検出例があるなど穀物栽培の開始と同時に見られるとして、稲作とともに渡来したとするのが定説でありましたが、これを覆すとされる発見がなされています。主食である稲(米)を食い荒らす事から「米食い虫」の異名が付けられてます。

体は赤褐色や暗褐色で、やや細長い。背面には細かく密な点刻があります。発達した強固な後翅をもち、飛行能力も優れています。体も小さく、穀物の貯蔵庫などに容易に侵入します。

口吻で穀物に穴をあけて産卵し、孵化した幼虫は穀物を食い荒らします。気温が18°C以下であると活動が休止、23°C以上になると活発に活動します。1匹のメスが一生に産む卵は200個以上とされています。

米びつに紛れ込んだ場合、成虫は黒色なので気がつきやすいですが、幼虫は白色なので気づきにくい。ただしどちらも水に浮くので慎重に米研ぎをすれば気づくことがあります。もし万が一気づかずに炊いてしまったり、食べてしまっても害はありません。

赤褐色のコクゾウムシは、農家の間では越冬コクゾウムシ(冬を越している)、暗褐色はその年に孵化したものと言われています。(確証は低いですが大体の農家はそのように判別していることが多い)

また、光に反応するため、米に虫が湧いたという状態になった場合は、ムシロに米を広げてコクゾウムシを排除する方法をとっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする