シラミの生態

シラミ

生息地

世界各地

体長

数㎜以下

特徴

多くは体長が数㎜以下であり外観が半透明で柔弱な印象ですが、ゴムの様な弾力性のある丈夫な体壁構造を持っています。 体型はハジラミ類に似るが頭部は小さく、口器は著しく変形し、舌針、唾腺舌、下唇針から構成される管状の鋭い吻針となり、それを宿主の皮膚に突き刺して咽頭にあるポンプで吸血します。使用しないときは口器は頭の中にひきこまれます。 触角は5節からなりますが、まれには3節のものもあります。 1対の複眼を持つが退化傾向にあり、単純な1対のレンズや受光斑となる種や欠如している種もあります。 胸部の3節はつねに癒合し、翅は退化しています。脚は毛をつかむのに適するよう変形し、転節は1節となります。その先端には1本の爪があります。 腹部は9節からなり、産卵管は退化し、2つの弁となっています。

人に寄生するシラミは、ヒトジラミケジラミの2種で、宿主特異性が強く、決まった宿主以外には寄生しません。
それぞれの動物には、その動物特有のシラミが寄生しています。
ヒトジラミは、頭髪に寄生するアタマジラミと下着など衣類を生息場所とするコロモジラミの生態的2亜種があります。
この2亜種は、形態的にほとんど区別がつきません。
人間にたかって吸血するシラミには、コロモジラミ、アタマジラミ、ケジラミの3種がいます。
シラミ類は、絶えず吸血していないと生存できません。
1日1回の吸血でも生存可能ですが、自然に寄生している場合には、1日数回は吸血するといわれています。
シラミの語源は、「白身」からきている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする