キンバエの生態

キンバエ

生息地

世界各地

体長

6~12mm

特徴

体が緑色ないし青色の金属光沢をもつ

最も代表的なナミキンバエ (単にキンバエともいう) は通常体は黄緑色で金属光沢が強いですが、大きさの個体差が著しく、また色彩も変異に富みます。複眼は濃赤褐色。翅は黄色を帯び、鱗片は褐色を帯びます。日本全土にみられ、世界各地に分布します。幼虫は人畜の糞、ごみため、動物の死体などを食べて育ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする