チョウバエの生態

チョウバエ

生息地

全国

体長

1~4mm

特徴

“人家の浴室や台所の排水周り、下水管などで有機物が蓄積し、微生物が繁殖してヘドロ状になった部分に生息し、時に大発生することがある。そのため不快害虫として問題になる。トイレに多く発生することから俗称で「便所バエ」などとも呼ばれることもある。幼虫は細長く両端が細くなった形をしている。見かけはボウフラとウジの中間くらいで、黒っぽい色をしている。

日本の家庭では、体長4 mm 程度の灰黒色で大きな翅がハート型に見えるオオチョウバエと体長1 mm 程度で翅を屋根型に畳むホシチョウバエの2 種がこうした人家生息種である”引用サイトWikipedia

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする