ホタルの生態

ホタル

生息地

全国

体長

5mm~30mm

特徴

”たびたび日本昆虫人気ランキングで1位を誇るほどの人気で5~6月にかけて孵化し、夏の風物詩とも言われている。
幼虫は森林などの自然で生活し巻貝やミミズヤスデなどを捕食する。
成虫は口器が退化していて、かろうじて水分を確保できる程度。幼虫期に確保した養分のみで生き、寿命は1~2週間ほどでその期間で繁殖活動を行う。

発光能力

ホタルが発光する能力を獲得したのは「敵をおどかすため」という説や「食べるとまずいことを警告する警戒色である」という説がある。事実ホタル科の昆虫は毒をもっており、よく似た姿や配色(ベーツ擬態、ミューラー擬態)をした昆虫も存在する。ただし、それらは体色が蛍に似るものであり、発光するわけではない。

卵や幼虫の時代にはほとんどの種類が発光する。成虫が発光する種は夜行性の種が大半を占め、昼行性の種の成虫では強く発光する種も存在するが、多くの種はまず発光しない。夜行性の種類ではおもに配偶行動の交信に発光を用いており、光を放つリズムやその際の飛び方などに種ごとの特徴がある。このため、「交尾のために発光能力を獲得した」と言う説も有力である。一般的には雄の方が運動性に優れ、飛び回りながら雌を探し、雌はあまり動かない。成虫が発光する場合は蛹も発光するので、このような種は生活史の全段階で発光することになる。昼行性の種では、光に代わって、あるいは光と併用して、性フェロモンをコミュニケーションの媒体としていると考えられる。

変わった例では以下のような種類もいる。
一方の性のみ発光する。
他種の雌をまねて発光し、その雄をおびき寄せて捕食してしまう。
雄が一か所に集まり一斉に同調して光る。東南アジアのマングローブ地帯で、一本の木に集まって発光するものが有名。ゲンジボタルも限定的ではあるが集団がシンクロ発光するのが見られる。”引用サイトWikipedia

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする