グラントシロカブトの生態

スポンサーリンク




グランシロカブト

生息地

アメリカ

体長

35~70mm

特徴

アメリカ合衆国南部から中央アメリカに生息するカブトムシです。
北米を代表するカブトムシで白色の身体が特徴です。

同属で体型の似ているヘラクレスオオカブトにちなんで「ホワイト・ヘラクレス」と呼ばれることもあります。ただしこの種ははるかに小型であり、大きい個体でも体長は70mm程度しかありません。
また、アメリカで単にカブトムシといった場合、このカブトを指すことが多いです。そのためアメリカではカブトムシは白いのが普通といった風潮になっています。この白い体はヘラクレスオオカブト同様体の水分が増えると黒くなります。
角が短いため、ケンカはあまりしません。
現地では採集が禁止されています。まぁアメリカの子供たちは日本人ほどカブトムシやクワガタに親しみは持ちませんが。

「グラント」という名前の由来は、アメリカ合衆国第18代大統領でもあり、南北戦争でも活躍したユリシーズ・S・グラント将軍と考えられていましたが、現在はアリゾナ州(Fort Grant)に由来するという説が有力です。

飼育はそれほど難しくはありませんが、卵の期間が2~4ヶ月と長いです。幼虫期間も中型種の割に長い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする