オオツノメンガタカブトの生態

スポンサーリンク




オオツノメンガタカブト

生息地

布マレー半島・スマトラ島・カリマンタン島

体長

35~65mm

特徴

頭部と胸部にそれぞれ1本の角があります。胸部の角は、2本がくっついたように幅が広く、先がふたまたに分かれています。頭部の角はめすにもあります。あしは短く、地上を歩くのに適しています。
木よりも地上を好む傾向があり、脚は穴を掘るのに都合がよいように短く、脛節が広くなっています。爪は短く、力も弱い。詳しい生態はわかっていません。
胸角は瘤のようになっており、2,3本見られます。前胸背板は痘痕状。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする