アトラスオオカブトの生態

スポンサーリンク




アトラスオオカブト

生息地

フィリピン・インドネシア

体長

50mm – 100mm

特徴

低地に分布します。コーカサスオオカブトに類似していますが、やや小型で胸角が細く、頭角の突起がありません(ただし頭角の先端がやや膨らみ、槍状になっています)。名前は、ギリシア神話に登場する世界を支える巨人アトラスが由来で、アトラス山脈に生息しているわけではありません。

個体数が多いことから、外国産カブトムシでありながら極めて安価で流通しており(小型のものは国産カブトムシより数百円高い程度)、オオヒラタクワガタと並んで毎年大量に輸入されています。夏場は一般のペットショップ(主に熱帯魚等を扱う)やホームセンターでも普通に売られていることが多く、外国産昆虫の中では最も身近な存在であると言えるます。但し、大量に入荷されているため、大型個体と小型個体の選別をあまりしないため、雑に販売していることが多く、中には国産カブトムシより小さい個体もいるます。

種間変異が著しく、雄の小型個体では角が殆どなく(短角型)、亜種の判別も困難となります。また、そのような小型個体しか見られない亜種もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする