ツチバチの生態

スポンサーリンク




ツチバチ

特徴

大型の種類が多く、体には黒色や褐色の毛を密生し、全体に黒色で、白色、黄色、橙黄色、赤色などの斑紋や帯紋があります。雌は地表すれすれに飛び、コガネムシ類の幼虫を求めて地中に潜ります。獲物をさがしあてると毒針で刺し、麻酔して、適当な深さのところに移し、獲物の腹面の一定の部位に産卵し固定します。幼虫はコガネムシの幼虫を食べ、老熟すると繭をつくりさなぎになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする