コメツキムシの生態

スポンサーリンク




コメツキムシ

特徴

比較的硬い体の甲虫。外見的にはタマムシ類にも似ています。体型としては幅が狭く、縦長で腹背にやや扁平。小さい方は1mmほどのものから8cmに達するものまであり、日本ではウバタマコメツキやヒゲコメツキなどが3cm程度になるのが大きい方です。

頭部はまっすぐ前を向き、口器は小さいがしっかりした噛む口となっています。触角は先細りの単純な形のものが多いです。中には節ごとに突き出して鋸歯状や羽状になった例もあり、日本ではヒゲコメツキが立派な触角を持つことで有名です。

胸部と腹部は幅広くつながります。前翅は後方に狭まります。体色は全体に単純で地味なものが多く、黒から褐色のものが多くいます。しかし熱帯では金属光沢を持っているものもいて、日本では八重山諸島に産するヨツモンオオアオコメツキなどはその例です。また多様な色や斑文を持つものもあります。日本ではベニコメツキが真っ赤な前翅を持つのでよく目立ちます。

生態

コメツキムシには普段は草や低木の上などに住む種が多くいます。石の下に住むものもいます。天敵に見つかると足をすくめて偽死行動をとります(世に言う「死んだふり」)。その状態で、平らな場所で仰向けにしておくと跳びはね、腹を下にした姿勢に戻ることができます。(胸-腹の関節を曲げ、胸を地面にたたきつけると誤解されますが、頭-胸を振り上げています。地面に置かず手に持つことで確認できます。)この時はっきりとパチンという音を立てます。

天敵などの攻撃を受けてすぐに飛び跳ねる場合もあります。これは音と飛び跳ねることによって威嚇していると考えられています。この行動をとらないコメツキムシ科の種も存在します。

幼虫の多くは土壌性で、細長い円筒形で硬く、光沢のある茶色をしているものが多いです。腐食質を食べるものや、他の虫を食べるものがいます。栽培植物の根や地下茎などを食害する種もおり、農業や園芸関係では一般に「ハリガネムシ」と呼んで防除の対象にしています。大根やジャガイモなどの害虫として知られるマルクビクシコメツキ、クロクシコメツキ、クシコメツキ、トビイロムナボソコメツキ、コガネコメツキ等の幼虫がこれにあたります。標準的な日本語でハリガネムシと呼ばれているのは、類線形動物門に属しコメツキムシと全く異なる生物です。

中南米には胸部と腹部が発光する“ヒカリコメツキ”が生息しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする