ヘラクレスオオカブトの生態

スポンサーリンク




ヘラクレスオオカブト

特徴

特徴は一目でわかる角が第一にあります。日本のカブトムシと比べると上の角(胸角)が長く、下の角(頭角)も立派です。そして上部の角にはフサフサとした毛が生えている事も特徴です。背中の羽の部分は光沢のある黄色っぽい色をしたものが多いですが、生息地域によって色や柄の違いがあります。
日本のカブトムシと比べるとずいぶんと寿命が長いです。
最大の特徴はその大きさです。ヘラクレスオオカブトは世界最大のカブトムシとも言われており、180mmを超えるともいわれています。中南米を中心に広く生息しており、その中で標高の高い場所に生息しています。基本的には熱帯雨林の地域で生息していると言えます。現在では野生種が海外から入ってくる事は一部の亜種でしかなく、ヘラクレスの原種であるヘラクレスヘラクレスは全て日本での飼育下のものと予測されます。そしてヘラクレスと言えば、ムシキングでもナンバーワンの人気を誇った、日本ではまさに外国のカブトムシの代表格ともいえます。

生態

中央アメリカから南アメリカの熱帯の雲霧林に断続的に分布します。低地にも少なからず生息しますが、大型になる亜種、また大型の個体は標高1000〜2000mの高山帯にしか見られません。成虫は夜行性です。昼夜を問わず広葉樹の樹皮や果実を自ら傷つけて樹液や果汁を吸汁していますが休息も兼ねており、飛翔などの活発な活動は夜間に限られます。生息地の付近に灯火などの光源があればしばしば飛来します。
幼虫は朽木や腐葉土の中で1年半-2年程かけて成長しますが、飼育下では1年半で羽化することも多いです。オスでは蛹化前に100gを超えることも珍ありません。

羽化後は成熟まで3 – 6か月ほど要します。樹液や腐った果実を好み、それらを求めて地上を移動します。成虫の期間も長く、1年から1年半ほど生きる個体もいます。

雨が降った後に活動が活発になります。現地には四季がないため一年を通して見られますが、採集例は8月、12月の雨季に多いようです。

生息地である雲霧林は乾燥していると明い色、湿っていると暗い色に変化するので、湿度によって変色する前翅は保護色となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする