バッタの生態

スポンサーリンク




バッタ

特徴

熱帯・温帯の草原や砂漠地帯に広く分布します。キリギリスやコオロギよりも、乾燥していて草丈が短く、地面がかなりむき出しになっているような環境に多く生息します。

キリギリスやコオロギは同じバッタ目で、体型もよく似ていますが、違いも多く、
バッタは体が前後に細長く、触角は短いです。
キリギリスやコオロギの耳が前脚にあるのに対し、バッタの耳は前脚ではなく、胸部と腹部の間に1対あります。
バッタのメスの尾部には産卵管がありますが、長くはならず、あまり目立ちません。
バッタはほとんどの種類で、メスの方がオスよりも明らかに大きい体をしています。

昆虫の中でも特に後脚が大きく発達していて、後脚で体長の数十倍もの距離をジャンプできます。また、幼虫は翅がないですが、成虫になると多くの種類で翅が伸び、空中を飛ぶこともできます。翅の構造は細くて不透明な前翅と、大きく広がる半透明の後翅からなります。ただし、フキバッタ類など成虫になっても翅が小さいままの種類や、ヒシバッタやオンブバッタなど、飛ばない種類もいます。

体色は緑色と褐色の組み合わせで、その割合は種類や個体によってちがいます。これは生息場所の環境に合わせた保護色ですが、個体群密度が高いと黒っぽい体色になることもあります。

主な生活の場は大きく分けて2つ、地上性と植上性とがあります。植上性では爪の間に吸盤状の器官が発達し、これで植物などにしがみつきます。また、ガラスのような滑る面でも自由に歩き回ることが出来ます。地上性の種類では爪の間に何もないか、あっても痕跡的な器官があるだけです。前者にはトノサマバッタ、カワラバッタ、ヒナバッタ、マダラバッタなどが属し、後者にはショウリョウバッタ、コバネイナゴ、オンブバッタ、フキバッタなどが入ります。

口は大あごが発達し、植物の葉を齧り取って食べます。多くの種類はイネ科やカヤツリグサ科の植物を食べますが、フキやクズなど葉の広い双子葉類を好む種類もいます。また、カワラバッタなどは植物の他に他の昆虫の死骸なども食べる雑食性です。

ヒナバッタやナキイナゴなどオスが鳴く種類もいますが、これらは翅や後脚を擦り合わせて音を出しており、前翅に発音器官をもつキリギリスやコオロギとは発音の仕組みが異なります。また、ショウリョウバッタやトノサマバッタ、クルマバッタなどは飛翔中に発音しますが、これは前後の羽を打ち合わせながら飛翔することで発音しています。

バッタの生態

バッタは卵 – 幼虫 – 成虫という成長段階を踏む不完全変態の昆虫です。幼虫と成虫は地上で生活しますが、卵は浅い地中に産みつけられます。

交尾を終えたメスは、地中に腹部を差しこんで産卵します。サバクバッタなどは普段の2倍くらいに腹部を伸ばして産卵します。卵はカマキリと同じように泡でできた卵のうに包まれ、1ヶ所に固めて産みつけられます。時間がたつと土中で卵のうが固まり、季節の変化や乾燥から卵を守ります。

孵化した幼虫は薄い皮をかぶっており(前幼虫)、地表へ出てきた直後に最初の脱皮を行います。その後は脱出口と抜け殻を残し、思い思いの方向へと散ってゆきます。幼虫はまだ翅がないので、後脚で大きくジャンプすることで敵から逃げます。植物を食べ、脱皮を繰り返して大きくなるにつれ、背中にうろこ状の翅が目立つようになります。

最後の脱皮をおこなって成虫になると翅が伸び、メスの腹部の先端には硬い産卵管ができます。オスはメスを探して、メスの背中に飛び乗って交尾をおこないます。オスがメスの背面に乗るというこの行動は一種のガード行動で、他のオスを排除する意味もあります。

日本のバッタ類は、ふつう冬には成虫が死んでしまい、卵で越冬しますが、ツチイナゴは成虫で越冬します。また、トノサマバッタ、ヒナバッタでは6月ごろと9月ごろの年2回、成虫が発生します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする